近視治療・視力回復・子供の近視 | 近視@情報館


様々な近視の種類を知ろう!

「近視@情報館」へお越し頂きましてありがとうございます。

近視は、大きく分けて三つの種類がありますが、これに様々な 病気もからんできます。 近視で見られる三つの種類は、

★<仮性近視>
 子供のうちによく起こります。近くの物を見ると毛様体筋  の緊張がゆるみ、角膜や水晶体が厚くなります。しかし  長時間見続けることによって毛様体筋が緊張しうまく調節  できなくなって、遠くを見ても水晶体が厚いままで網膜の  手前でピントを合わせてしまい、遠くの景色がぼやけて  見えるようになります。

★<屈折性近視>
 多くの近視の人がこの屈折性近視であると言われています。  網膜までの距離にある眼軸は正常なのですが、パソコン、  テレビ、勉強など、目に負担がかかる状態が続くと、  毛様体筋の緊張が続き、水晶体が近くを見つめた状態で  固まってしまい、遠くをきちんとピントを合わせてみる  ことが出来なくなります。屈折性近視の場合、水晶体が  厚いままの状態なので、遠くからの光であっても近くから  の光と同じ強さで屈折され網膜の手前でピントを合わせて  しまい、遠くのものがぼやけて見える状態になります。

★<軸性近視>
 屈折性近視とは違い、毛様体筋のピントの調節は正常なの  ですが、眼球が通常より長い楕円形になっている為、眼軸  が長いことから、網膜の手前でピントを合わせてしまい、  遠くのものがぼやけて見えるようになります。原因としては、  遺伝の可能性が高いといわれていますが、はっきりとした  原因は不明で、網膜剥離が起こる可能性が高いものです。

また、視力低下をもたらす病気としては、

★<糖尿病性網膜症>
 糖尿病で、高血圧が続くことから、網膜症を引き起こし、  これが、視力低下などの症状をもたらします。進行すると、  失明する恐れもあります。

★<緑内症>
 視神経の障害で視野が狭くなる病気です。視力も少しずつ  低下していき、これも最悪の場合は失明することもあります。

当サイトは今後もコンテンツを随時追加していく予定です。 各コンテンツは右メニューからお進み頂けますのでご覧下さい。



当サイト人気コンテンツ

近視は治療できるの?
近視は、メガネやコンタクトレンズを使わずに治療するのは難しいと言えます。近視になりかけの、仮性近視の状態の場合、点眼薬を投与する治療法が行われることがありますが、・・・ 続きを読む

近視手術のリスク
最近、視力回復の有効な方法として、レーシック手術が注目されています。しかし、まだ歴史も浅く、安全面が確立していない面もあります。レーシックの安全性、有効性について・・・ 続きを読む

強度近視の注意点
近視でも、強度の近視になると、強度近視ならではの起こりやすい病気があります。まず、網膜はく離があります。網膜はく離は近視眼に多いとされていますが、強度の近視だと、・・・ 続きを読む

【その他・人気コンテンツ】
★ コンタクトレンズ編
★ 最近の様々な対策
★ 防止効果のある食べ物
★ 三つの回復方法
★ 近視と脳の関係
★ 目のトレーニング


視力矯正関連サイト